株の利益が出たら税金はどうなる?

株で利益が出始めた時、必ず覚えておかないといけないのは税金のことです。
どれくらいの税金が必要になるのか、しっかり把握しておかなければなりません。
そこで株で利益を出した時にどれくらいの税金がかかるのかを説明したいと思います。

 

株で利益を出した時の税金

 

株で利益を出した時には、その利益に対して税金を支払わなければなりません。
とはいえ、それは損失も計算されるのではなく、損失と利益を計算して増えた分の税金を支払う必要があります。
その税金は利益に対して20%支払う必要があります。
例えば、利益が1,000万円で損失が500万円だったとすると、利益が500万円となり、500万円の20%である100万円を税金として支払います。
これだけ見てみると、株の税金がかなり高くなっているようにじると思います。

 

但し、2013年12月31日までは特別に10%の税金となっていますので、本来支払うはずの税金が半分に抑えることができるということになります。
これは、株の売買による利益でも、配当による利益でも税金がかかります。
株による利益だけを計算してお金を使ってしまうと、後々税金を支払うのが難しくなるかもしれませんので、税金のことも必ず計算に入れておきましょう。

 

ところで、株にかかる税金を安くする方法を知っていますか。
そこで、節税するためのポイントを紹介していきましょう。

 

節税するためのポイント

 

・損失を申告しておく
株を始めた時には、トータルでマイナスになっていることも少なくありません。
人によって、利益が出なかったからと言って、確定申告をする必要がないと思っている方もいますが、実はマイナスでも申告をしておくことは重要になります。
実は、株によるマイナスを確定申告しておくことで、翌年以降に繰り越すことが可能になっています。
例えば、100万円の損失を確定申告しておくと、次の年に100万円の利益を出したとしても、税金を支払わなくても良くなるということです。
損失を出したとしても、必ず確定申告をしておきましょう。

 

・勉強にお金を使う
確定申告をする時、株の投資によって利益が出た部分だけを申告しているのでしたら、多めに税金を払っているかもしれません。
株で利益を出すためでしたら、それも申告することができます。
例えば、株式投資の書籍の購入費、セミナーに参加する費用、パソコンを購入した費用の一部、インターネット使用料の一部などです。
これらの申告をしておけば、その分の利益を少なくすることができますので、結果的に節税に役立ちます。