株を買うにはどれくらいの予算が必要?

株を買うことに興味がある人の多くは、その興味と同時にどれくらいの予算を組めばいいのかが気になると思います。ここでは、株を買う時に必要な予算について詳しくお話します。

 

株はあなたが好きな分だけ購入できる?

 

実は、株というのはあなたが欲しい分だけを買えるシステムではありません。
というか、正確には売買単位というものがあるのです。
売買単位とは、最低限この数はひとまとめとして売買してください・・・という単位のこと。
つまり、10株・50株・100株単位というように、各銘柄には売買単位があるのです。

 

つまり、株を買う時に組む予算は、あなた自身が出せる予算の他にも、銘柄の売買単位を見なくてはいけないということですね。
ちなみに、この最低限の株数のことを「1単元」と呼びます。

 

例を挙げますと、株価が1,000円で1単元100株という銘柄があったとしたら、1,000円×100株=10万円の予算が必要になるという訳です。

 

どれくらいの予算があれば株式投資デビューできる?

 

上記でお話した通り、株式投資をするには1単元がどれくらいによるかで予算は変わりますが、一般的には30〜50万円くらいあれば、有名企業の銘柄を1単元買うことができるでしょう。

 

ただ、やっぱり予算はあればあるほど、安全な投資をしやすくなります。
というのも、株式投資はひとつの銘柄だけに投資をしていると、どうしてもリスクが不安視されるからです。
ニュースなどでも見かけたことがあると思いますが、株価というのは下落することがあります。
下落すると当然あなたの資産が少なくなってしまうということですので、ひとつの銘柄に投資するよりは複数の銘柄に分散して投資することをお勧めします。

 

また、予算を増やすとその分利益も大きくなりますので、そういう意味でも予算はどれくらいにするべきかじっくり検討してみてください。

 

30〜50万円も予算が必要なら株式投資は無理だな・・・

 

株式投資に興味はもったものの、いきなり大きなお金を投資するのは抵抗がある、またはそんな予算は組めないよ・・・という人は、ミニ株や”るいとう”という投資方法もあります。
詳しくは別のコンテンツで説明してぢますが、これらは少ない予算であってもチャレンジできる投資になりますので、初心者が取り組む投資としても人気があります。

 

株式投資は、とても魅力的ではありますが、ご自身の経済状況を無視してまで行うものではありません。
あなたの投資スタイルを確立するべく、様々な投資があることを学んでいきましょう!