株価の動きは事前に予測できる?

突然ですが、株価に影響する要素とは何だと思いますか?
当然のことではありますが、企業が大きく成長していると安心して投資ができると考えますよね!
実際、これから投資デビューをする人は、企業の業績を第一にチェックしていることでしょう。
ですが、”今の”業績だけでは見えてこないのが株式投資なのです。

 

株価を動かしている正体とは?

 

冒頭でお話したように、企業の業績というのは投資をする上でひとつの大切な判断材料になります。
ですが、現時点の業績だけではなく、株を買う時には「将来を見据えた投資」が重要なのです。
つまり、株式投資をする時には現時点の業績+将来性を見る必要があるということですね。

 

・業績をチェック
企業の業績をチェックするには、本決算と中間決算を見てください。
一般的には3月と9月の年に2回、企業によっては3ヶ月一度決算を出す四半期決算というスタイルを採用しているところもあります。
決算では、売り上げと営業利益が同じように成長していれば、業績をが良いと言えます。
この業績が良い状態だと、投資家たちは”この様子ならまだまだ成長してくれるだろう”と考え、株を買ったりします。
ですが、業績が悪いと”取り返せる内に売ってしまおう”と株を手放したりもします。

 

・将来性をチェック
経験豊富な投資家たちからすると、株を買う時には半年〜1年程度先まで見据えた上で株を買っています。
ですから、ニュース番組などで利益が上がったという企業が紹介されていたとしても、投資家たちによりその動向は察知されているのです。
業績が良いなら株を買おうと思っても、予測の元動いていた投資家たちに先を越され、既に株価が上昇しています。

 

 

こうした投資家たちの鋭い動きを目の前にすると、自分には株式投資は無理だな・・・と諦めモードになっているかもしれませんね。
ですが、そんなことはありません。
今すぐに利益を出したい!となると、経験や情報量がモノを言う世界ですが、長い目で見るといつも業績が良い企業は、緩やかに株価も上がっていくことが予想できます。
また、投資の経験を積み重ねていく内に、これから成長をしてくれそうな企業を見つけることが上手になってきますから、そうなってくると、投資の面白さをより実感できると思います♪

 

ちなみに株の世界では、株価を上げる要因を「好材料」、逆に下げる要因のことを「悪材料」と呼びます。

 

また、投資家たちが先を見越した投資をすることで、現時点では業績が良いにも関わらず、株価が下がっている現象のことを「好材料の出尽くし」と言います。
これは、業績は確かに良いけれど、これ以上伸びることはないだろうと判断されたためです。

 

株を買うなら、こうしたちょっとした専門用語も少しずつ覚えていくと、勉強しやすいですよ。