チャートって何のために必要なの?

株式投資を行う上で難しいのは、やっぱり買い時と売り時ではないでしょうか。
株は毎日変動を繰り返していますから、このタイミングは重要です。
ただ、株を売買しているだけでは、まず利益を出すことはできません。
では、どうすれば株価の動きをキャッチして利益に活かすことができるのでしょうか。

 

株価チャートは何のために必要なの?

 

株の買い方を学ぶには、株価チャートで勉強するのが一番。
このスキルを身に付けるには時間がかかるかもしれませんが、投資家として成功したいのなら、各銘柄の研究を怠ってはいけません。
まず大切なことは、優良な銘柄を探すことですが、これには「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」がカギとなります。

 

・ファンダメンタルズ分析:
原則として株価はその企業の業績が影響力が高いので、その業績をチェックしたり、どのようなビジネスを行っているかなどの判断材料から、将来の株価を予測する分析方法のことです。
→ファンダメンタルズ分析は、業績は良いけどまだ株価自体は低いという銘柄を見つけて、将来性が高いかどうかを判断するために役立ちます。

 

・テクニカル分析:
テクニカル分析とは、株価の動向に注目して行われる分析方法のことで、ファンダメンタルズ分析のように業績は分析の対象にしません。

 

つまり、ファンダメンタル分析とテクニカル分析は、どちらも基本的な分析方法であり、どちらかが優れているということではありません。
実際に投資家たちは、この2つの分析方法を取り入れて、資産を運用しています。
要は考え方が違うということですね。
ファンダメンタルズ分析が、企業の業績が良いことが今後株価が上昇する可能性があると考えるのに対して、テクニカル分析は、企業の情報はすべて株価に反映されていると考え、過去のデータを分析していくのです。

 

株価チャートを見るということは、株の売買をするにあたって重要で基本的な情報収集となるのです。

 

ちなみに株価チャートはインターネットで簡単に入手することができます。
1日ごとの株価を動きを示したチャートを「日足」、1週間毎のチャートを「週足」、1ヶ月毎であれば「月足」と言います。
それから、1日の中でも更に時間で細かく示した「日中足」と呼ばれるチャートもあります。

 

株価チャートはどうやって入手するの?

 

株の情報収集はいくつ方法があります。しかも無料で!
まずチェックしてほしいのは、Yahoo!ファイナンスというwebサイトです。
株価チャートはもちろん、銘柄名や証券コードを入力すると関連した情報をすぐに引っ張り出すことができます。
また、各証券会社のwebサイトでも株のシュミレーション売買ができるなど、実践に近い形で株を勉強することもできるのでお勧めです!