投資信託とは何?

投資にはチャレンジしてみたいけれど、予算は限られているし、値動きをずっとチェックするのも難しいし・・・。
このように、投資には興味はあるものの、なかなかデビューできないという人はとても多いようです。
ですが、そんな人にもピッタリの投資スタイルがあります!

 

投資信託デビューしよう♪

 

投資信託:投資のプロであるファンドマネージャーが、投資家たちから集め、いくつかの株や債権に分散投資して、そこで出た利益を投資家たちに分配する投資スタイルのこと。

 

投資信託には大きく分類すると、3つのメリットがあります。

 

・投資のプロに任せる安心感♪
ファンドマネージャーとは、投資信託会社などに所属する投資のプロですから、経済分析や企業調査はお手の物。
これらのデータを基に、銘柄を選び抜いてくれます。
自分の代わりにプロが資産を運用してくれる安心感はとても大きいです!

 

・リスクを抑える♪
投資信託は、リスクを抑えるために分散投資を行います。
投資の世界では分散投資は基本的なことなのですが、予算が少ないと難しいです。
ですが、投資信託なら複数の投資家から資金を集めて運用するので、いくつもの有望な銘柄に分散投資することが可能なのです。

 

・予算が少なくても大丈夫♪
投資をする上で、一番ネックになるのは予算面です。
ですが、投資信託は予算を多く組めなくても問題ありません。
何せ1万円くらいから購入することができますから!
投資信託は一人の投資家の資金は少ないとしても、複数の投資家たちから資金を集めて運用するのは先ほどお話した通りです。
銘柄によっては、最低でも50万・100万くらい用意しなくては投資できない場合がありますから、こうした仕組みは予算が少ない人にとってはとても魅力的だと思います。
もちろん、劇的に大きな利益を望むことは難しいですが、将来のためにコツコツ積み立てできる商品もあります!

 

投資信託のデメリット

 

このように、投資信託は魅力的なメリットがあることからとても人気があります。
ですが、投資信託を偏りなく理解するにはデメリットも把握しておかなくてはいけません。
投資信託のデメリットは3つ。
・手数料がかかる
・元本割れの可能性もある
・ファンドマネージャーの力量が問われる

 

手数料は2種類あり、ひとつは投資のプロに資産をお任せするために発生する「信託報酬」です。
そして、投資信託を購入する時に発生する「販売手数料」があります。
この手数料は当然、安いほうが利益につながりやすくなりますね。
元本割れの可能性については、どんな投資にも絶対はありませんので、例えプロが代わりに運用してくれていても、元本割れのリスクがあるということは覚悟しなくてはいけません。
最後にファンドマネージャーの力量については、なかなか判断に難しいところがあります。これまでの実績やどういった投資スタイルでいくのかを確認しておくと、安心できるのではないでしょうか。

 

投資信託は必ず利益が出るというものではありませんが、投資のことを勉強したい!リスクを最小限に抑えたい!という人はぜひチャレンジしてみてください!