決算書とは?

株の投資を始める時、難しいけどどうしても避けてはならないのが決算書です。
株のことを勉強し始めたばかりの方は、わかりにくいために避けている方もいるかもしれません。
ですが、決算書を見ることができなければ、今後株取引をするうえで役立てることができます。
では、決算書とはどのような物なのでしょうか。

 

決算書

 

決算書というのは、企業の財務諸表の情報が記載されています。
企業に関する情報が凝縮されていますので、これをしっかり読み解くことで今後の企業の動向などを予測することができます。
財務諸表と言っても、チェックしておくことは損益計算表、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の3つがあります。
この3つを見られるようになれば、企業のことをある程度理解できるようになります。
そこで、3つの項目の見方を紹介していきたいと思います。

 

決算書の見方

 

・貸借対照表
貸借対照表は一般的にバランスシートと呼ばれており、企業の資産や負債、資本など経済的な状況を把握することができます。
経済状況を見極めることができれば、その企業は今後安定した経営をすることができるのかなどを予測できます。
企業の資本と負債の割合を見ることができますので、経営がうまくいっているのかも理解できます。
例えば、流動という言葉が付いている場合は、1年以内に動くという意味があり、流動資産は1年以内に現金になるという意味で、流動負債は1年以内に返済しなければならないという意味があります。
つまり、流動資産よりも流動負債が多ければ、その年の借金返済が多くなりますので、経営がうまくいかなくなるという予測を立てることができます。

 

・損益計算表
損益計算表とは、企業の損失と利益が記載されている表のことを言います。
売上高や売上原価や人件費にかかった費用や広告費、輸送費などの情報が記載されていますので、具体的にどれくらい利益が出たのか、どこでお金を使っているのかなども明確になっています。
また、その情報は前期や前々期というように、これまでの推移を見ることができ、それを調べることで会社が安定した利益を出しているのか、衰退しているのか成長しているのかなども見れます。

 

・キャッシュフロー計算表
キャッシュフロー計算表とは、現金の流れが把握できる計算表です。
企業の現金がどれくらい増減したのか、どこに現金が使われたのかなどが分かります。
例えば、営業活動や人件費、商品を仕入れる時の支出、売り上げによる収集などです。
企業の現金の流れを把握すれば、どこでどれくらい現金を獲得しているのか、どこで現金を使用しているのかなどが分かります。