配当金や株主優待とは何?

株式投資は、単に株で利益を出すことだけが楽しみではありません。
ここでは、株の楽しみ方のひとつである「配当金」と「株主優待」についてお話します。

 

配当金って何?

 

配当金:投資した企業に利益が出たときに、その一部を株主たちに還元するお金のこと。

 

株を売却する際に得られた利益(売却益)のことを専門用語で【キャピタルゲイン】と言い、配当金のことを【インカムゲイン】と言いますので、覚えておくと良いでしょう。

 

配当金の年率は各企業によって異なるのですが、大抵は2〜3%、高配当な企業ですと7〜8%も見込めますので、企業の成長が楽しみになりますよね!
但し、配当金はすべての企業が実施していませんし、企業に利益が出なければ場合によっては配当金がゼロになることもあります。
ちなみに、配当金は企業が設定した期日までに株主になった人が対象となり、この期日のことを権利確定日と呼びます。
この権利確定日と決算日は同日であることがほとんどです。

 

また配当金の中にも更に「特別配当」や「記念配当」もあります。
・特別配当:企業の利益が一時的にUPした時に得られる還元されるお金のこと。
・記念配当:会社設立記念日などその企業のとって大きな意味を持つ日に還元されるお金のこと。

 

株主優待って何?

 

株主優待は、株の経験がない人でもご存知だと思います。

 

株主優待とは:企業が展開するサービスや商品を格安もしくは割引してもらえる優待制度のこと。

 

株主優待で多いのは、食事券・乗車券の配布や、施設利用の割引、お米などを株主にプレゼントするという企業もあるようです。
株主優待は、割当基準日という非に株主名簿に登録されている人が対象になりますので、確認してみましょう。
また、株主優待を受けるには、その企業が定めた株数を買うことが条件となっていることも多いので、こちらも併せて確認する必要があります。

 

例えば、株主優待は過去にこんな特典がありました。
・サッポロHD:ビール券
・東映:映画優待券
・スタジオアリス:写真撮影券

 

株式投資は、自分が好きな企業に投資すると面白いとはよく言われることです。
自分が好きなブランドを展開している企業ですと、株主優待もどんな特典があるのかより楽しみになると思います^^

 

配当金や株主優待制度というのは、株式投資のオマケではありますが、こうしたちょっとした楽しみがあると、株主として企業を応援したいという気持ちがより強まるのではないでしょうか。